育児と食

メイントピックは現在の妊娠のこと、オーストラリアでの育児について書いています。第一子の切迫早産の辛い入院体験記、34wで生まれた早産児の成長記、妊活についても書いています

3ヶ月:ガチのワンオペです!

生後3ヶ月目で体重が4250g、身長が55cmと成長曲線すれすれに入ってくれた娘さん。

身体的な面、精神的な面で色々な進展があったように思えます。

小児科医に腹ばいを勧められる

予防接種をしに行く小児科にベテラン(70歳くらい?)の女医さんがいて、

その方に「早産児と思わず、何でもやって!まずは腹ばいの練習からね!」

ということで、腹ばいの練習をかなりやっていました。

当時は結構やってくれていたのですが、、、、

縦抱きも助産師さんに教えてもらって早くからやっていたので、

首が座るのはとても早く3ヶ月には座っていました。

早産児では早い方かもしれません。

夫が海外赴任になりガチワンオペになる

なんと夫が急遽海外赴任となってしまいました。

私はこどもの予防接種が3回終わってから行こうと考えていたので、

実質1ヶ月はワンオペをすることに。

当時は東京に住んでいて、実家は広島と遠方だったため、

里帰りはせず、そのまま1ヶ月東京で過ごすことになりました。

夫の母親も私の母親も亡くなっていたため、本当に本当にワンオペでした・・・

でも、行政のサービスを利用して週に2回はヘルパーさんに来てもらい、

さらに保健師さんにも2回来てもらい、

平日は同じ育休中の友達に会い、土日も友達に会う、

毎日予定を入れて、なんとか孤独育児を免れました。

寝かしつけトレーニングを始める

生後から3時間はコンスタントに寝てくれる赤ちゃんではありましたが、

やはりワンオペで夜も3時間ごとは辛い・・・・

ということで、夜間は断乳することにしました。

定番のカリスマナニーの快眠講座を読みましたが、

[amazonjs asin=“4022502614” locale=“JP” title=“カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座”]

これは無理だろうと諦め

結局、赤すぐに載っていたゆる~い方法を実施。

(起きたらトントンするだけw)

するっと夜も5時間寝てくれるようになりました。ラッキー!

体幹ががっちり

体幹がだいぶがっちりしてきたお陰で、新生児の骨折したらどうしようドキドキ感がなくなり、

結構リラックスして育児に臨めました。

早産児は体幹がぐにゃぐにゃしたままの子もいる中、

もう、ただただラッキーだったとしか言えません。もう、運です。 他の方のコラムもリンク先にあります。

ぜひ読んでみてください。

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ

にほんブログ村