育児と食

メイントピックは現在の妊娠のこと、オーストラリアでの育児について書いています。第一子の切迫早産の辛い入院体験記、34wで生まれた早産児の成長記、妊活についても書いています

前回の妊娠までの道のりを振り返ってみた(完結)

今回はなぜか1周期で陽性だったのがあまり信じられていない夫婦です。

ようやく完結します。

けっこう長いですねーなんと12週期分ありますからね。

 

9、10周期目 おやすみー

夫が海外研修のため妊活おやすみ

夫の精液検査の結果がかなり悪いことがわかり愕然・・・こりゃ妊娠しないよ・・・

活動率10%きってたような・・・夫がいない間に私の不妊治療をする前の検査を詰め込みます。行った検査では私には問題なしだった・・・

基礎体温は測るとストレスが溜まるので辞めることにした。妊活に暗雲が立ち込める。しかし、卵管造影検査を行ったのでこれからゴールデンタイム?!と淡い期待

 

11周期目 ストレス大敵

夫が海外でリフレッシュして帰ってきた。

精液再検査すると、全くの問題ない数値に。ストレスかよ・・・・ストレス社会、少子化を招くわと思った。この頃に婦人科医のブログで「日本人はセックスしなさすぎ!3ヶ月毎日セックスして妊娠しなかったら不妊外来にこい!」というブログを発見。

ま、排卵がいつしているかリアルタイムでわかる技術は今のところないし、一理あるかな・・・ということでローラー作戦開始

生理が終了して1週間後からタイミングを2日に一回取り続け、それを3週間続ける。変なプレッシャーにならないよう基礎体温と排卵検査薬は使わない。しかしタイミングは合っていたが妊娠せず。

まあ1回目だし、また私のプレッシャーで排卵しなかったのかな

とか思ったり

この頃、夫の海外赴任がちらつかせられ始める。

ちょと焦るぜ

28日周期

 

12周期目 妊娠しました

ローラー作戦2ヶ月目

正直、もうしんどいっす・・・

と思ったらなんとか妊娠しました(ゼエハア)

 

f:id:atenami:20170403203403j:plain

総括

実質、ちゃんと妊活出来ていたのは7〜8周期分くらいでしょうか。

周りが1周期で出来るor不妊治療中という、とても両極端な環境だったため、楽勝でもないけど、大変な人よりは大変じゃないし・・・というなんだかモヤモヤしていた妊活でした。

結構長い戦いだっため、今回もそれを見越しての半年前行動でした。

なんでしょう、前回とは生活環境がまるで違うため、あまり比較できないのですが、やはりストレス大敵なのでしょうか。こちらだと夫はほぼ定時帰り、私は働いていません。育児は大変だけどストレスというほどではないし。

(全然まとまってない)

 

  他の方のコラムもリンク先にあります。

ぜひ読んでみてください。

にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ にほんブログ村